子連れでハワイ~マイルでHappyTravel!~

子連れに旅行の自由を!マイルを貯める裏ワザを使って、毎年子どもと一緒にグアムやハワイに行ってます!2017年の旅行記更新中です!

2016GW格安子連れハワイ旅行記☆HGVCのラグーンタワーを徹底解説その3(その他編)

これまで2回にわたってHGVCのラグーンタワーについて徹底解説してきましたが、今回でおしまいです。

今回はここまでで書いてこなかった「気になること」をまとめてみます。( ..)φメモメモ

f:id:HappyTravelMam:20160504181642j:plain

<もくじ>

内装はキレイ

お部屋の解説でも書きましたが、トイレにウォシュレットがありました。どうやら昨年(2015年)あたりラグーンタワーは改装されたらしく、全体に内装はキレイでした。

ただ、タワーそのものは古いので、どうしてもエレベーターなんかは古い印象です。でも日本のキレイなエレベーターに慣れているとそれもまた味かもしれませんね☆

足りないものがいろいろ

ラグーンタワーも含めたHGVCのお部屋は、「生活」するために必要なものは一通りあります。面白いところではアイロンなんかもあります。玄関わきの物入れに入ってました。物入れの右上の壁にかかっているのがアイロンです。見えにくいですが、その下にはアイロン台もありました。カゴはそのまんま洗濯物入れのカゴとして使えばいいと思います。

f:id:HappyTravelMam:20160505014124j:plain

ただ、そんな中でも日本人旅行者の視点では足りないものがいくつかありますのでまずはそれを書いてみます。

●スリッパ

日本人の感覚だと「部屋に入ったら靴を脱ぐ」という感じですよね?でも、HGVCにはスリッパがありません。海外のホテルはたいていそうかもしれませんが、ホテルならある程度仕方ないと割り切れます。

でも、HGVCはお部屋が広いので、部屋内移動が結構あります。それに、ソファーがあるので、靴を脱いでくつろぎたい気持ちになります。そんなときのために簡易なスリッパは持っていったほうがいいと思います。

HTママはそのまま捨てて帰るために、ダイソーでスリッパを買っていってます。外国人は土足で入るからでしょうか、お部屋で使っているとすぐにスリッパの底が汚れますが、100円なら惜しくないですし、捨てればその分帰りの荷物スペースが確保できます。(`・ω・´)

●ボディソープ

HGVCにもシャワージェルはありますが、これがまた泡立ちが悪いのです。お肌にいいのか微妙な感じもありますので、使い慣れているものを持っていくことをオススメします。洗顔料やシャンプー・コンディショナーは皆さん持っていくと思いますが、ボディソープは結構盲点だと思います。Σ(・ω・ノ)ノ!

●歯ブラシ、歯磨き粉

お部屋の解説でも書きましたが、歯ブラシセットはありません。あえて持っていかずに、スーパーで買い出しついでに買ってもいいと思いますが、ハワイの歯ブラシはヘッドが大きいものばかりです。磨きにくいかもしれないので、気になるなら持っていくことをオススメします。

電動歯ブラシの携帯版なんかもいいですよね。

●おはし・菜ばし

前回の日記でカトラリーの写真を載せました。コレです。

f:id:HappyTravelMam:20160504180310j:plain

見ての通り、スプーンやフォークはありますが、お箸類はありません。

同じようにターナーのところにも菜箸はありません。

f:id:HappyTravelMam:20160504175729j:plain

ちゃんと料理する人は菜箸も、そうでない人も割りばしで構いませんので、何本か持っていくといいと思います。

調味料

調味料は一切ありません。どこまで本格的に料理をやるかにもよりますが、塩コショウやしょう油くらいは持って行ってもいいかもしれません。もちろん、わりと近くにあるドン・キホーテやフードパントリーで買うこともできますが、数日のためにそこまでするのもねぇ。 お弁当用に小分けされているしょう油・ソース・ケチャップなんかは使い勝手がいいと思います。

ラップ、輪ゴム、ジップロック

保存用のグッズも一切ありません。ラップは電子レンジや冷蔵庫で使えるのであったほうがいいと思います。買ってきたデリを温めたり、逆に残ったものを冷凍しておいたりするのに役立ちます。特にご飯を炊く場合なんかは、毎回炊くのも面倒なので、一気に炊いて、ラップで小分けにしておくといいですよ~。

朝ごはんにシリアルなんかを食べる場合、袋の口を閉じておきたいのですが、そのために輪ゴムを何本か持っていくといいと思います。輪ゴムで口を閉じにくいものもあるので、ジップロックを何枚か持っていくとさらにいいですよ~。ジップロックは肉や魚の下味つけにもつかえますし。 

乾燥機をフル活用

前回ちょっと書きましたが、洗濯物を干す場所は悩みどころです。バスルームだと乾きにくいし、かといってラナイはダメ、室内は干すところがない、という状況です。

この状況をクリアする一番いい方法は、各フロアにある乾燥機をフル活用することです。干して乾かないなら干さずに乾かしちゃえばいいじゃない、というマリー・アントワネットのような発想です。そのためには綿ものの洋服を中心にする必要がありますね。子供服でかわいいプリントがされているTシャツなんかも、乾燥機でひび割れる可能性があるので避けた方がいいかもしれませんね。

掃除・ベッドメイク

基本的に、HGVCをホテル予約サイトで予約して宿泊する場合は毎日掃除・ベッドメイクをしてくれるようです。ここらへんはホテルと同じですね。 

逆に、HGVCをレンタルするような場合、特にお願いしない限り、毎日は掃除・ベッドメイクに来ません。基本的に滞在期間の真ん中あたりで来るようです。

ベッドや掃除はまだいいのですが、一番困るのがタオルとアメニティです。一応お願いすればどちらも持ってきてもらえるようですが、HTママのように英語力に不安がある場合は洗濯・乾燥をするといいと思います(笑

 

以上でラグーンタワーの解説は終了です!利用を考えておられる方の参考になれば幸いです☆マハロ! 

<その他のラグーンタワー解説記事はこちら>

2016GW子連れハワイ旅行記☆HGVCのラグーンタワーを徹底解説その1(立地、アクセス、建物編) - 子連れでハワイ~マイルでHappyTravel!~

2016GW子連れハワイ旅行記☆HGVCのラグーンタワーを徹底解説その2(お部屋・備品編) - 子連れでハワイ~マイルでHappyTravel!~