子連れでハワイ~マイルでHappyTravel!~

子連れに旅行の自由を!マイルを貯める裏ワザを使って、毎年子どもと一緒にグアムやハワイに行ってます!2017年の旅行記更新中です!

2016GW格安子連れハワイ旅行記☆庶民によるユナイテッド航空ビジネスファースト搭乗記!

【2017.5 2016年12月からユナイテッドのビジネスファーストが「ユナイテッド・ポラリス・ビジネス」に変わったので少し加筆しました】

以前の日記に書いた通り、今回は旦那さんがANA経由(?)でユナイテッド航空のビジネスクラス(2016年12月からは「ユナイテッド・ポラリス・ビジネス」と名称が変わったようです!)を予約してくれました!

あまりにうれしくて2カ月前に旅行記を始めてしまうくらいでした(笑 

今回はそのビジネスクラス(ユナイテッド航空ではビジネスファーストと呼んでいましたが、今ではユナイテッド・ポラリスという名前になりました。)に搭乗した感想を書いてみますが・・・さてHTママは初のビジネスクラスを堪能できたでしょうか?!

ユナイテッド航空のビジネスクラス

上でも書きましたが、ユナイテッド航空のビジネスクラスはビジネスファーストと呼ばれています。チケットにも「BUSINESSFIRST」と書かれていますね。

f:id:HappyTravelMam:20160529081636j:plain

特徴はフルフラットシートと、なぜか進行方向に向かって前を向いているシートと背を向けているシートがあるところです。背を向けて座るとどういう感じなのかはわかりません(離陸の時は体が前に引っ張られる感じなんでしょうか・・・)が、前後の席との間にはモニターがあるので、顔が丸見えということはありません。ただ、通路を挟んだ斜め向かいの席の人とは顔が合いそうでした。HTママたちは目の前が壁で、その向こうはトイレやギャレーだったので顔が合う人はいませんでしたが。

ビジネスクラスなので成田のユナイテッドクラブラウンジは使えますが、ファーストクラス用のグローバルファーストラウンジは使えませんでした。いつかマイルを貯めてファーストクラスも乗ってみたいなぁ。前ならファーストクラスはおろか、ビジネスクラスすら夢のまた夢(本来、一人20万円以上しますからね・・・)でしたが、ハピタスでマイルを生み出せるようになってからは現実的な目標になってきちゃいました(笑 これ↓ですね。 

ユナイテッドはスターアライアンスですので、ANAのラウンジも使うことができます。早めに着いたので(というか、ラウンジ行きたくて早く行きました(笑 )ANAのラウンジにも行ってみましたが、食事はANAのほうが良かったかなぁ~。ユナイテッドは軽食しかありませんが、ANAのほうはちゃんとおそばやうどん、カレーなんかもあってちゃんと食事ができる印象です。今回は機内食も楽しみだったので、ざっと見るだけで我慢我慢でした(笑。

 

シート・モニター

なによりもまずテンションが上がるのが、フルフラットになるシートです!!

f:id:HappyTravelMam:20160525193746j:plain

https://www.united.com/web/ja-JP/content/travel/inflight/business/default.aspxよりお借りしました)

HTママたちが乗ったUA902便は成田を19時くらいに出て、ホノルルに同じ日の朝7時くらいに到着します(途中で日付変更線を通るので、8時間近く乗っても同じ日なのです。)。19時発なので、感覚的には夜の間飛んでいる感じです。ここで寝ないと時差ボケがキツイので、ホノルル便はいつもなるべく寝るようにしていました。

HTママは割とコンパクトな体型なうえ、結構どこでも寝れてしまうのでエコノミーでも問題なく寝られていましたが、このフルフラットシートはやはり寝れ方が全然違います!!かんたんに言えば爆睡です!!横になれるというだけで快適さがこんなにも違うのかと驚きました。旦那さんなんかはまぁまぁ背が高いのでエコノミーでは窮屈で寝られなかったそうですが、このフルフラットシートではグーグー寝ていました。もちろん息子も問題なく寝ていましたよ♪

このシートは、シェル式といえばいいのか、背もたれを倒すときは連動して座面が前に出て、後ろの人には全く影響がないようになっています。これのおかげで後ろの人に気兼ねなくフラットにできるので良いと思いました。

足元も膝から下の部分(フットレスト?)が水平まで上げられますが、全体をフラットにすると、この部分が前のモニターの下にあるくぼみと合体してベッドになります。シートだけをフラットにすると170センチくらいしかないのだと思います。これにモニター下のくぼみ部分が合体することで全長180センチくらい(旦那さん(178cm)から「もっと長い。190cmはある。」とのお叱りを受けました・・・。ユナイテッドさんごめんなさい。でもHTママには180cmでもすっごく長いんですよ。)のベッドになるということです。

フットレストも背もたれも個別に上下させることができて、そのコントローラーは隣の座席との間の肘置き?グラス置き?の手前側にあります。コントローラーには離着陸モード、リラックスモード、ベッドモードの3つのボタンもあり、これを押しっぱなしにするとそのモードに自動的に変形してくれます。

ベッドモード(フルフラット)にすると本当にベッドのようで、さすがに寝返りまでは難しいですが、仰向けに寝てもちょっと幅に余裕があるくらいです。

ちょっと気になったのは、物入れの少なさです。座席の片脇にちょっとした窪みがあるだけで、ほかには物をしまっておく場所がありません。フラットにすれば一応枕の横に小物入れ(指輪、ピアス、眼鏡あたりは入ります)くらいはありましたが、せいぜいそれくらいです。前面モニターのところはちょっとした棚になっていますが、あくまで棚なので離着陸時には確実に落ちてきます。結局、壊れ物(PCやタブレット)は頭上の荷物入れに入れるか、座席脇の物入れにねじ込むしかないことになりますが、座席脇にあまり物を入れるとフラットにしたときに狭くなるのがネックでした。

【追記】

ユナイテッドのビジネスファーストは、2016年12月から「ユナイテッド・ポラリス.・ビジネス」という名称(ブランド名?)になりました。

f:id:HappyTravelMam:20170517001042p:plain

https://www.united.com/web/ja-JP/content/travel/inflight/united-polaris-FAQ.aspx

これによると、順次シートが変更になるようですが、成田=ホノルル便は2017.5時点ではまだHTママが乗ったのと同じシートでした。

でも!一部アメニティには変更があるようです!

f:id:HappyTravelMam:20170517001717p:plain

 これによると上にかける毛布類もいくつか種類があるうえ、マットレスクッション、冷却ジェル入り低反発枕まで用意されているようですね!最近ではすっかりANA派の我が家も、これを見ると「またユナイテッドもいいかも・・・」と揺らいでしまいます(笑

食事・飲み物 

フラットになるシートの次に驚いたのが食事です!ちゃんとした陶器のお皿に乗せられてサーブされたときには「おぉ~!これがビジネスクラスのサービス!」と心の中で叫びました(笑 そのうえ前菜から順番に出てきますので

あれ?ここってレストラン?

みたいになります(笑

メニューはこちら。行きと帰りを並べてみました。右が行きで、左が帰りだったと思います。まずは前菜。

f:id:HappyTravelMam:20160529161516j:plain

続いてメインからデザートです。こちらも右が行きで左が帰りです。

f:id:HappyTravelMam:20160529161841j:plain

食後にぶどう・チーズ・クラッカーのワンプレートと、アイスクリームが出ます。アイスクリームはアメリカンなトッピングがたくさんあって、その中から好きなものを選びます。チョコレートソース、コーンフレーク、イチゴジャムなんかがありました。あと、カラフルな砂糖みたいなの(名前がわかりません(笑 )。アイスはとにかく甘いです。

 

アメニティ

機内ではこんな感じでアメニティグッズがもらえます。反射しちゃって撮りにくかったので息子に押さえてもらいました(笑

f:id:HappyTravelMam:20160529162447j:plain

クラシックな写真のついたカバーでおおわれていますが、このカバーは左下に「Tear here」とあるようにミシン目が入っていて、切り離すとポストカードになります。

中身は一般的なアメニティです。歯ブラシ、糸ようじ、コーム、ティッシュ、耳栓、アイマスク、靴下、ハンドクリーム、リップクリームなんかが入っています。機内は結構冷房が効いているので、靴下はうれしかったですね。リップクリームも、乾燥するのであるとありがたいです。

これは旦那さんが文句を言っていたのですが、靴下を入れているくせになぜか靴ベラはなかったそうです。私はサンダルなので気づきませんでしたが、旦那さんは「ビジネスクラスなのにちゃんとした靴で乗ることを想定していないのか」と不満げでした(笑。

ちなみに、息子におもちゃかなにかもらえないかな~と期待していましたが、何もありませんでした。これは残念でした。

 

感想

さて・・・ここまで書いてきたのですがお気づきでしょうか・・・?機内の写真がないということに・・・。

ウチは3歳の息子がいるので3人分席が必要になります(国際線は満2歳から座席が必要です)。UA902便のビジネスクラスは、2-4-2という席の配置になっていて、息子をHTママと旦那さんで挟もうとすると4席ある中央の列を端から3席使うしかありません。左の通路から旦ー子ーマの順で並びましたが、HTママの右側にはもう1席あります。都合よく空席になるわけもなく、ここにちょっとイカつい感じの外国人男性が乗ってきたのです!!向こうでは普通なのかもしれませんが、ちょっと派手目のタトゥーが入っていました・・・。怖い。

初めてのフラットシートにテンションがあがって「これなに?」と大声で聞きまくる息子(知りません)。

HTママの隣にはイカつい外国人。焦るHTママ。

そのくせすぐに飽きて「はなかっぱみたい!」と騒ぐ息子(見れません)。

HTママの隣にはイカつい外国人。さらに焦るHTママ。

機内食が出る頃には、眠いくせにテンションあがっちゃって「コレいらない!イチゴほしい!」と叫ぶ息子(ありません。朝ごはんには出ましたが。)。

HTママの隣にはイカつい外国人

もうぐったりです。いつ英語で文句言われるか、隣人がCAさんと英語でなにか喋るたびに「ひー!文句言われてる!」とビクビク。この状況で写真撮るほどの図太さはありませんでした・・・。英語よくわからないし。ちなみにモニターをつけたり消したりするボタンの隣にCAさんを呼ぶボタンがあったせいで、息子が何度も「ポンッ」って音を鳴らしてしまい、そのたびに駆けつけてくれたCAさんに「ソーリーソーリー」と繰り返してました。機内だけで「ソーリー」って何回言っただろう・・・。もうちょっとしたトラウマです。

ちなみに隣のイカつい外国人の方の名誉のために言っておきますと、実際には優しい人でした。朝ごはんが出るころには寝ぼけまなこの息子がボーッとその人を見ていたみたいで、「Hi~」と手を振ってくれました。そのあと、何事か話しかけられましたが、「キミの息子さんはカワイイね」っぽいことを言っていたような気がしたので今度は「サンキュー」を連発しました。あと愛想笑いも。・・・疲れました(笑

CAさんも息子にとてもフレンドリーで、食事が進まない息子を見て「これなら食べられるかしら?」みたいにパンを持ってきてくれたりお菓子を持ってきてくれました。ほかの会社のビジネスクラスに乗ったことがないのでわかりませんが、私はカジュアルすぎず丁寧すぎず良かったと思いましたよ☆

私たちは息子(3歳半)の自由な行動にかなり振り回されましたが、もう少し年齢が上のお子さんなら間違いなくパパママもラクだと思います。何しろ広いですから。

 

以上、ド庶民がビジネスクラスに乗るとこれだけテンパる、ということを赤裸々にお伝えしてみました。参考(?)になれば幸いです。皆さんはマイルが貯まってビジネスクラスに乗ることになっても、HTママのようにテンパらないでくださいね☆マハロ!